積みは快楽だ 社会人編

読書その他の雑記

期待値高すぎ問題?「白銀の墟 玄の月」小野不由美

 

 

白銀の墟 玄の月 第一巻 十二国記 (新潮文庫)
 

 

内容

不死身の賢王が治める国を描いた異世界ファンタジー十二国記」の18年ぶりの新作長編

 

感想

十二国記」が超面白いのは今さら語りませんが、続刊が途絶えて久しく、もう新刊は出ないと諦めたところに、ついに出ましたよ新刊が。全4巻。しかもシリーズ中さんざんひっぱった戴国の話。

序盤~中盤はとにかく陰鬱、味方もいないし、状況も五里霧中、「屍鬼」の序盤みたい。さーそこからの大逆転のカタルシスが~あ、あれ普通に終わったぞ・・・

こ、これは・・・うーん・・・期待値が高すぎたからか?・・・いやそれ以前の問題では・・・重厚ではなく冗長なのでは?・・・いや冗長でもいいけど、そもそもこのシリーズは物語に筋が一本きっちりと

「おらおら何ぼーっとしてるんだ、新刊を待つ作業に戻りやがれ」

私は本をそっと閉じて、新刊待ちの列に並びなおした。いつかシリーズが完結することを夢見ながら・・・