積みは快楽だ 社会人編

読書その他の雑記

特殊設定ミステリのお手本「屍人荘の殺人」今村昌弘

 

屍人荘の殺人 (創元推理文庫)

屍人荘の殺人 (創元推理文庫)

  • 作者:今村 昌弘
  • 発売日: 2019/09/11
  • メディア: 文庫
 

 

内容

大学のミステリ愛好会の探偵とワトソンは脅迫状の届いた映像研の合宿に参加するが、そこで殺人事件に遭遇する。衝撃の特殊設定のクローズドサークルミステリ。

 

感想

久しぶりの読書&更新ということで、超話題作をいまさら読みました。傑作。

本作は聞いてびっくりのかつてない舞台設定が目を引きますが、出オチにならない地に足のついた本格ミステリ。とにかく特殊設定ミステリというのは薄い一発ネタを警戒してしまいますが大丈夫、安心の謎解きミステリですよ。

定期的に手掛かりと謎が提供され説明も明確なので、読んでいて飽きがこないし、謎解きを考えずにはいられない。それでいて解決は意表を突きながらもしっかりロジカル。むー、うまい。

さらなる加点要素は細かい伏線と、仮説の提示と否定、気が利いてる。減点要素は全く無いですね。え、ヒロイン?の造形? 「白ワンピースに麦わら帽子」「はわっ」「ちゅーしてあげます」お、おう。

最近推理小説読んでないなー、という私にすっぽりはまりました。また色々ミステリを読んでいこうと思える作品です。次回作の 魔眼の匣の殺人 屍人荘の殺人シリーズ もそのうち読みます。

あとこのブログの更新も再開します、気長にぼちぼちと。