積みは快楽だ 社会人編

読書その他の雑記

嘘つきは不動産屋のはじまり?「正直不動産」大谷アキラ, 夏原武史, 水野光博

 

 内容

バリバリやり手の不動産営業マンが、ある日突然嘘がつけない正直体質になってしまう。不動産お仕事漫画。

感想

以下のめちゃコミのサンプル画像にひかれて読みました。いい笑顔だ・・・。正直おもしろい。

よくある業界知識系漫画で、正直者になった主人公の本音が身も蓋も無くて為になって面白いし、それだけじゃない。

正直者になりました顧客は満足してめでたしめでたし・・・とはなりません。基本的には不動産の「借り手」の一般人が不動産の裏側を知って損を免れます。が、「売り手(貸し手)」「買い手(借り手)」「不動産屋」の三者がいるので、誰かが得をすれば誰かが損をする。「お前は誰の味方なんだ」とは作中で再三言われます。

ビジネスマンあるある「慈善事業じゃねえんだぞ」「お前の給料どこから出てると思ってんだ」

実際、明らかな騙しは少なくて、大半は聞かれないデメリットを言わない、とかのグレーゾーン。見て見ぬふりが一番安穏。ところが薄いグレーゾーンでも主人公は空気読まず吹っ飛ばすわけで・・・そこが爽快感、ただ当然トラブル。

後味悪い漫画では全然無いですが、三方良しの解決は漫画でも難しい。でも最善を目指したって良いじゃないかビジネスマン。本音と建前、理想と現実、顧客の利益と自社の利益、努力と休息、板挟みの中たまには正直者も良いのかもねえ。

ややこしい不動産ルールを分かりやすく、文字が多いのに読みやすく、展開も緩急ついて面白くと、単純に漫画力が高いのも良い。巻が進むにつれキャラの背景が掘り下げられていくのもうれしい。きちんと面白くてしっかり為になる漫画です。

というか不動産業界 is 闇。あー良かった地主じゃなくて。あー良かった一軒家を買うお金が無くて。(正直な感想)