積みは快楽だ 社会人編

読書その他の雑記

挑戦的な意欲作に驚愕と困惑「〇〇〇〇〇〇〇〇殺人事件」早坂吝

 

○○○○○○○○殺人事件 (講談社文庫)

○○○○○○○○殺人事件 (講談社文庫)

 

 

内容

孤島で起こる殺人事件。一体この殺人事件の「タイトル」は?

感想

「タイトル当て小説」って何? と思うが、事件そのものが超難易度高いからせめてタイトルだけでも当ててごらん、という作者のありがたい配慮です。読み終わってみると確かにこのタイトルだと分かる。

最初に上記の説明聞いたときは「うわ、つまんなそー」と思いましたが、違います。ある「仕掛け」と絡んでくるのです。

その「仕掛け」が前代未聞、かつ丁寧に小さな違和感を積み上げての真相解明カタルシス・・・なんだけど若干の人を食ったようなバカさ・・・いや、バカミスではないですよ、完全に驚いたし驚いたら負けですよね。

ちょくちょく作者がメタ的に登場して読者をあおってくるんですが、作品に対する自信の表れですね。ミステリにおいては作者のドヤ顔は欠点ではないですし。

まさに「メフィスト賞」でございます。良い意味で性格が悪い作者に翻弄されたい方はどうぞ。