積みは快楽だ 社会人編

読書その他の雑記

これが華文ミステリか・・・衝撃&驚愕「13・67」陳浩基

 

13・67 上 (文春文庫)

13・67 上 (文春文庫)

 

 

内容

香港を舞台とした警察小説ミステリ

感想

華文ミステリ? 読んだこと無いけど、ミステリ先進国の日本の作品と比べたらどうせ・・・傑作じゃねーか!

激動の時代にあっての警察のあり方を問う一方、本格ミステリとしてハイレベルなことに驚愕。あんまりフィクションに社会派って言葉使いたくないんだけど、エンタメを邪魔しないどころか、舞台装置じゃなくテーマとして消化しており、脱帽。

読者を翻弄する手練手管がすごい、完全に予想外のところから一撃を放ってくる。連作短編のちょっとした繋がりを見つけてにやにやできたりと、ミステリファンのツボを分かってるなあ。

クワン刑事のキャラクターも魅力的、頭脳はキレッキレで市民のためなら危ない橋も平気で渡る(危ない橋というより犯罪では・・・)

作者の好きな小説はなんと獄門島

華文SFも盛り上がってるし、継続して追いかけていきたい。

しかし刊行当時より香港情勢はさらに激動、デモと鎮圧、まさに作品と地続きであり、良くできたエンタメというには洒落にならない事態。