積みは快楽だ 社会人編

読書その他の雑記

古き良きSFの無邪気さとバラエティ「無常の月」ラリイ・ニーブン

 

内容

帝国の遺物 中性子星 太陽星系近傍

「ノウン・スペース」シリーズの短編。宇宙を舞台に起きる事件を追う。シリーズの巨大な世界が背景にうかがえるのが楽しい。奇妙な異星人、変な星、謎な事件

無常の月

ある夜、空を見上げると月が異様に明るくなっていて・・・ 映画化決定の表題作

馬を生け捕れ!

未来人がタイムマシンで大昔に絶滅した「馬」を捕まえに行く話。おーそうきたかー。ドタバタ感とオチが楽しい

感想

バラエティ豊かな内容と想像力の短編集。非常に少ないページで異世界に引き込む技量はすごい。解説には「おもちゃ箱」とあるがまさにそんな感じ。

不満というか贅沢を言えば、ザ・ベスト・オブなのに大傑作が無いなあ。微妙な物足りなさは悪い意味でも「おもちゃ箱」的だからか。

映画化らしい表題作は映像映えしそうだけど、どうにも短すぎるショートストーリーだからどう料理するんですかね。パニックアクションムービーになったら悲しいな・・・